肩こり 枕 おすすめ

こんにちは。慢性的な肩こりに悩む会社員です。

 

私は38歳の商社に勤める女子(バツ1)です。

 

2年半前に7年間の結婚生活にピリオドを打ち、ストレスから解放され自由の身となったのですが、気分が晴れません。

 

実はここ数年の間、夜中にきちんとも熟睡出来たことはないのです(ー_ー)!!
寝てもすぐ1〜2時間ほどで、肩や首回りに違和感を感じて目が覚めてしまいます。

不眠

原因は慢性的な肩こりです。ちなみに性格はA型で凝り性です。(肩こりなだけに!?)

 

夜中に目が覚めると、肩をストレッチし、ひどいときは湿布を張り、色々と試行錯誤をして
再び寝ようと試みるのですが、また1、2時間ほどすると目が覚めてしまいます。

 

毎日同じことの繰り返しです。1日の睡眠でこれを3、4回繰り返していると、だんだん空が
明るくなり、寝た感覚がほとんどない状態で、会社へ出勤です。
眠りがとても浅いので、朝から眠くてたまりません。

 

毎日このような状態のため、まともに仕事など出来るわけありません。
朝からアクビが止まらず、昼休憩後なんて、本当に気絶しそうなことが何度も
ありました。実際、仕事中に寝てしまい、上司からカミナリも頂きました。。

 

そのせいか、先日の昇進試験でも不合格となってしまい、会社でも同期との間で給料に差が出てしまうことになりました。
あまり出世には興味は無い方ですが、給料は多いに越したことありませんからね。

 

仕事のスピードや精度は他の同期に引けを取らないと思いますが、何と言っても仕事中に
ウトウトしてしまうのですから、仕方ありません。。

 

不眠

 

この忌々しい肩こりの主な原因は会社のデスクワークです。
朝の始業から終業までパソコンに張り付き、事務仕事ばかりこなしている毎日です。
また会社が絵に書いたようなブラック企業なお蔭で、ほとんど休憩する間もなく、日付が変わる間際までパソコン作業が続きます。

 

私は、学生時代にスポーツをしていた時、首や肩回りを少し痛めてしまったとこもあり、他の人より肩こりしやすいように感じますが、とにかく毎日仕事終わりには、肩回りが自分でもガチガチになっているのが分かるくらいです。

 

これまでの肩こり対策

 

これまで何もしてこなかった訳ではありません。
とにかく何年も前から、肩こりに悩んできた私は肩こり対策に試行錯誤をしてきました。

 

これまで実施してきた対策を簡単に紹介したいと思います。

 

マッサージ

 

 これは一時的には効果はあると思います。しかし、慢性的な肩こりの方にはホント一時的なものでしかありません。
 しかもマッサージ師の技術によりかなり効果にバラつきがあるんですよね。
 酷いときは施術前より悪化していることがあります。

 

 そして何より問題は一時的な肩こり解消のために永遠にお金がかかることです。
 最近はお値打ちなマッサージ店も良く見かけます。しかし、結局完治しないわけで、例えば10年間1〜2週間に1回の
 ペースで通うことを考えると、かかる費用は考えただけでもゾッとしますよね。

 

ストレッチ

 

 自分に合った方法が見つかるとある程度効果はあるようです。
 最近色々な方法がテレビなどでも取り上げられていますね。

 

 しかし、ただこれも一時的なものです。
 原因がデスクワークだったりすると、ストレッチをしてもすぐ元に戻ってしまいます。

 

湿布

 

 冒頭も述べましたが寝る前はほとんど毎日張っています。
 湿布の張りすぎで皮膚が炎症してしまったほど欠かさず貼っています。

 

 最近は皮膚の炎症が酷くなってしまったため、なんとドクターストップがかかってしまいました。(涙)

 

病院治療

 

 実は病院(整形外科)にも行きました。ここまでくると立派な病気ですね(^_^;)
 あまりにも酷いときは、今でも整形外科で鎮静剤入りの注射をしてもらっています。
 また色々な病院を回り、注射に加え、電気治療や飲み薬を処方してもらうなど本当に
 色々と試してきましたが、やはり根本的な治療はできませんでした。

 

これまで、色々と対策をしてきましたが、なかなか良くなりませんでした。

 

マクラを変えて肩こり解消

 

いつものように病院へ鎮静剤注射をしてもらいに行ったところ、先生から「枕は自分に合っているか?」
と言われました。

 

初めは肩コリと枕、関係があるのかと思いましたが、先生の話しを聞いていると、実は日本人の8割近くが肩こりに
悩まされており、さらにその4割強の方が枕が合っていないとのことでした。
枕が合っていないと、睡眠中に首筋から肩に余計な緊張が起こり、この緊張より筋肉がこわばってしまうことに
なるようです。

 

初めは半信半疑でしたが、少しでも改善出来ればと先生の言うことを信じで、早速枕を変えてみることにしました。

 

↓まず初めに試したのはこの枕でした。

 



 

決めては、90日の返金保証があることでした(笑)
万一変わらなければ、最悪返金してもらえる安心感がありました。

 

使い始めて、最初はいつも使用している枕と異なる感覚に正直、違和感がありました。
まあ、枕が変わると寝れないという人もいるくらいですから、そこは割り切って使うことにしました。

 

肝心要の効果ですが、初めの2、3日はあまり変化があるように感じませんでした。

 

しかし、1〜2週間ほど使い続けて、徐々に夜目が覚める回数が減り、朝がスッキリしていることが実感出来るようになりました。
そして1か月も過ぎると、何と仕事のデスクワーク中も肩こりしにくくなったのです!

 

驚いて先生にこのことを話したところ、笑いながら睡眠時間は1日の約1/3を占めており、睡眠時間にしっかり
休める姿勢であることは非常に重要であることを教えて頂きました。

 

それから、本当に色々な枕を試しました。実にその数は10個を超え、13個までになりました(笑)

 

そんな枕コレクターになった私(笑)が、効果があったものを幾つか厳選してみましたので、紹介しますね。

 

起床

 

 

人によって頭の形や好みがあると思うので、効果に多少の違いはありますが、これらは絶対に外れはないと思いますので肩こりに悩む人がぜひお試しください。

 

一応、上から個人的なお勧め順にしています。

 

リラまくら

先ほども紹介しましたが、私に一番合う枕だと思います。本当にウソみたいに楽になりました。


 

医師が考案した低反発枕「お医者さんの快夢まくら」

こちらですが、朝肩周りが楽なのはもちろん、頭をのせたときの感覚が気持ちいいです。
ちなみにこれは今、私の母も愛用しています。


 

睡眠時の呼吸・寝姿勢をサポートする安眠枕【スリーパードクターズピロー】

こちらは厚みのある低反発枕です。最初は少し高さがあるかなと思いましたが、肩まで枕にのせることが出来るので、
あまり気になりませんでした。
肩から首あたりを直接支えてくれる構造になっているので、肩こり解消効果は比較的早く実感できると思いますね。


 

 

横向き寝専用枕【YOKONE】

この枕、ある意味すごいです。横向きに寝る人に特化して造られていて、初めは「どうなの」と思いましたが、これが結構快適なんです。
上向きの時はもちろん、やはり横向きで抜群の快適性を発揮します。
会社の友人Nに枕に凝っていると話しをしたところ、実は友人Nが使っていました。その友人Nはこの枕でいびきが解消していたようです。


 

最後に、

枕を変えることももちろん大変重要ですが、ぜひお風呂にゆっくり入って血行を良くしたり、適度にストレッチをすることなども
合わせて実施するとより効果が実感できると思いますよ(^.^)